您现在的位置: 贯通日本 >> 中日对照 >> 动漫 >> 正文

剧场版《哆啦A梦》观众累计破亿 荣登日影榜首(中日对照)

作者:来源  来源:沪江日语   更新:2015-9-17 15:16:09  点击:  切换到繁體中文

人気アニメ「ドラえもん」の34作目となる劇場版アニメ「映画ドラえもんのび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)」の観客動員数が、9日の公開から16日間で約180万人を記録し、同シリーズ34作品の累計観客動員数が1億人を突破したことが26日、明らかになった。邦画では、「ゴジラ」シリーズ28作品の約9900万人を抜き、歴代首位の記録となった。


26日讯,人气动画《哆啦A梦》的第34部作品、剧场版《大雄的秘密道具博物馆》自9日上映以来到16日观影人数已突破180万,同系列34部作品的观影人数累计突破1亿人。刷新《哥斯拉》系列的28部作品、约9900万人的记录,荣登日影历史票房首位。



「ドラえもん」原作者の故藤子・F・不二雄さんの妻・正子さんは「うれしいですね こんなに大勢の方々に、可愛がっていただいて。幸せね。ドラえもんは。もう君の僕の私のドラちゃんね」と喜びのコメントを寄せている。


已故的《哆啦A梦》原作者藤子·F·不二雄的妻子正子非常高兴地表示:“有这么多人喜欢哆啦A梦我很高兴,也很幸福。哆啦A梦是我们大家的哆啦A梦。”


「映画ドラえもん」は80年公開の第1弾「のび太の恐竜」(動員約320万人)から97年公開の第19作「ねじ巻き都市冒険記」まで、故藤子・F・不二雄さんが原作を手がけた。シリーズ最高の動員記録は、89年公開の第11作「のび太の日本誕生」の約420万人。


从1980年上映的《哆啦A梦》第1弹剧场版《大雄的恐龙》(观众约320万人),到1997年上映第19弹《大雄的发条都市冒险记》,都是由藤子·F·不二雄创作的。《哆啦A梦》系列最高观影人数是1989年上映的第11弹《大雄的日本诞生》,约420万人。


「のび太のひみつ道具博物館」は、ドラえもんの「ひみつ道具」をキーワードにしたオリジナルストーリー。謎の男・怪盗DXに鈴を盗まれてしまったドラえもんは、鈴を取り戻すため、のび太たちとともに手がかりがあるという未来の「ひみつ道具博物館」を目指し、冒険に出かける……という内容。興行収入は20億円を突破し、最終興収は40億円以上を見込んでいる。


《大雄的秘密道具博物馆》是以哆啦A梦的“秘密道具”为主线的原创故事。讲述了被神秘男子·怪盗DX盗走铃铛的哆啦A梦,为了夺回它与大雄等人前往未来“秘密道具博物馆”寻找线索的故事。本作票房突破20亿日元,最终票房预计超过40亿日元。


また、「映画ドラえもん」の公式サイトでは1億人突破を記念して、スペシャル動画を公開している。


此外,为纪念观众突破1亿人,“电影哆啦A梦”的官网上还公开了特别的动画。


更多内容请关注》》新东方网日语频道


我要报班 》》点击进入



 

对照录入:贯通日本语    责任编辑:贯通日本语 

  • 上一个对照:

  • 下一个对照: 没有了
  •  
     
     
    网友评论:(只显示最新10条。评论内容只代表网友观点,与本站立场无关!)
     

    妖媚的22岁欧洲混血男模(中日

    《半泽直树》续集或将于10月开

    山下智久主演漫改电影《近距离

    藤井莉娜宣布7月从杂志《ViVi》

    吃货女生更有魅力哦(中日对照

    外国人看日本:日本女性的时尚

    广告

    广告